2017年6月23日金曜日

義山 ぎやまん



義山は当て字。

ガラス製の器をいう。

ポルトガル語のダイヤモンドから点じた語で、彫刻を施したガラス製品をギヤマン彫りとよんだところから、19世紀以降ガラス製品一般をさすようになった。

水指や、向付・菓子鉢などの懐石用具に用いられる。

2017年6月16日金曜日

手柄 てがら



人から賞賛されるような技量や功績。

主として茶湯における趣向や道具組などで優れた働きをすることをさす。

室町後期から江戸初期まで、茶湯者や数寄者が先例にこだわらず茶湯をしていた時期には、茶湯における功績や実績がその人物の評価となった。

2017年6月9日金曜日

直書 じきがき



器物の箱蓋の表裏や側面、また、器物自体の表面や底裏、茶碗の高台際などに、墨あるいは漆で直接施した書付をいう。

これにより作者・制作地・銘・伝来の由緒などが判定できる。

器物の所有者・茶人・家元・宗匠などのものが最も尊ばれる。


---

2017年6月2日金曜日

塩辛 しおから



魚類・貝類・烏賊・蟹などの肉・卵・腸などを部分別に塩漬けにした発酵食品。

古語では「なしもの」と表現された。

塩味を控え、酒や麹を併用するなどすると、一味違った食品になる。

今日の茶料理ではこちらを取り合わせられることが多い。

2017年5月26日金曜日

蛍手 ほたるで



白磁装飾法の一種。

白磁胎に細かい透し彫りを施して文様を表し内外総体に透明釉を掛けると、透しの部分がガラス質の透明釉で埋まり、蛍光を連想させる所からこの名が付いた。 

古くは12世紀のペルシャ陶器、中国では明代の磁器に蛍手の技法がみられる。




2017年5月19日金曜日

本焼 ほんやき



器物を焼成する上で、最も重要となる焼成段階のこと。

和物では素焼の後に施釉して本焼に入るが、中国物は生掛けのままで本焼を行う。

素地を焼き締めるとともに釉を溶着させるため高温で焼成され、この焼成が行われる窯は本窯とよばれる。

2017年5月12日金曜日

捻り返し ひねりかえし



茶入の口造りの名称。

茶入を轆轤(*1)で形成する時、甑(*2)の上端を外へ折り返すことによって出来、平返し・丸返し・口紐などがある。

茶入の容姿を見る上に重要なポイントとなっており、唐物茶入の捻り返しは総じて鋭く、端正である。

*1 ろくろ

*2 こしき = 筒状に高くなった口(くち)