2020年5月29日金曜日

青備前 あおびぜん


備前焼のうち、特に還元焔(*1)焼成気味に焼き上がり、素地中の鉄分が黒青色に発色したものをいう。

明和から寛政頃の伊部手の作品に多く、徳利・小壺・小甕などのほか、置物など彫塑(*2)的な作品にも見受けられる。

そのため青伊部ともよばれる。

*1 かんげんえん
*2 ちょうそ

2020年5月22日金曜日

下草 したくさ


庭園植栽の下木のことで、下木下草と総称するように、下木と区別されているわけではない。

したがって、草物だけをいうのではなく、下木を下草とも称する。

主として添え物の植栽として意匠する。

草木のものでは、ツワブキ・葉蘭・シダなども含まれる。

2020年5月15日金曜日

青石 あおいし


庭石として愛好され、また建築材料として一部で用いられる石材である

庭石として古くから賞美された青石は、紀州青石・阿波青石・伊予青石などである。

青石は南北朝時代の作庭から用いられ始め桃山時代、江戸時代に最も多く用いられた。

2020年5月8日金曜日

青柳茶 あおやぎちゃ


五月の新茶期の芽が伸びきった葉から作る茶。

新芽の全葉が伸びきるまでには、十日近い日数がかかる。

早く開いた葉は、十日もすると、成葉に近くなるので細く揉み上がらない。

従って、精製工程で篩い分けられ番茶なみの扱いとなる。

川柳などもこれに属する。


2020年5月1日金曜日

煮付け につけ


煮物のうち煮汁をほとんど残さず、甘辛く煮上げたものをいう。

鍋の周囲にこびりついた煮汁を、濡れ布巾で丁寧に拭い取ると苦みが混じらない。

煮汁をたっぷりに仕上げたのは、煮付けに対してさわ煮といっている。

野菜類を煮付けたものは、旨煮(*1)である。


*1 うまに

2020年4月24日金曜日

淡路砂利 あわじじゃり


庭園材料の一種。

花崗岩(*1)の小石で、淡路産のものをいう。

大きさは三センチないし六センチ内外である。

庭園の補助材料として好んで使用される。

この種のものは、関西では神戸六甲山系、関東の湘南地方からも産出するが、淡路産を本場ものという。


*1 かこうがん

2020年4月17日金曜日

畳紙 たとうがみ


たたみ紙の音便。

横に二つ、縦に四つに折り、幾枚も重ねて懐中した紙のこと。

また道具や衣服を畳んで入れる厚手の包紙も畳紙と呼び慣わしている。

茶湯では紙釜敷として用いたり、煙草を包み入れたりする。

用紙としては檀紙・奉書紙・唐紙などが用いられる。