2018年9月21日金曜日

昆布締め こんぶじめ



塩押しに一工夫したもので、材料を昆布の間に挟み置いて、数時間軽い押しを掛けておく。

塩味と同時に昆布のうま味を移すことができる。

魚介類ばかりでなく、瓜やキュウリなどにも応用されている。

「昆布押し」ともいう。

2018年9月14日金曜日

窯印 かまじるし




瀬戸・美濃・備前・伊賀・信楽などに見られる。

江戸時代の初期あたりまで行われていたが、その後には銘款(*1)に替わったものが多い。


*1 めいかん

2018年9月7日金曜日

倉敷民藝館 くらしきみんげいかん


民芸運動家の外村吉之介が、倉敷市前神町の倉敷川沿いにあった米蔵4棟を改装して昭和24年に開設した民芸品の展示館。

陶磁器・木工品・染織物・竹細工・漆器などの、日本のみならず全世界の美しい生活用品が収蔵・展示されている。


倉敷民藝館の公式HPはこちらから↓↓
http://kurashiki-mingeikan.com/index.html

2018年8月31日金曜日

吸茶 すいちゃ


濃茶の飲み回しのこと。

古来各服点(*1)であった濃茶の飲み方を吸茶にしたのは利休だといわれる。

茶会記『松屋会記』の天正14年に初見される。

内容は「御茶極無、スイ茶ハ宇治、久政、宗立、源五殿也」というもので、この頃吸茶が考え出された。


*1 かくふくだて = いわゆる一人ずつに点てられた茶。

2018年8月24日金曜日

落天井 おちてんじょう



主たる天井より一段低く張られた天井。

茶室では点前座を落天井に造ることがある。

客に対する亭主のへりくだった気持ちを表す構成である。

また客側にゆとりのある高い空間を提供したいという気持ちの表現でもあり、変化に富む空間構成にもなる。