2018年8月17日金曜日

国焼 くにやき




尾張瀬戸で焼かれた物を本窯とし、それ以外で焼成された茶入を国焼という。



2018年8月10日金曜日

旅枕 たびまくら



花入の形状の一種。

円筒形で、口造りは姥口(*1)

その形から旅寝の枕を連想して、茶人が名付けたものであろう。

多くは背面に穴を開けて掛花入に用い、大振りなものは水指に用いもする。

備前・伊賀・信楽などに多く見られる。

*1 うばぐち


2018年8月3日金曜日

鳴金 なりがね



和銑(*1)製の釜は湯が沸くと釜自体で鳴くが、洋銑(*2)製の釜や湯垢が多く付着したものには鳴りがない。

それゆえ、洋銑製には、底部内側に鉄片を貼り、意図的に鳴りを出させる。

釜の乾燥後も鉄片下に湿気が残り釜の寿命を縮めることがある。


*1 わずく = 日本古来よりの踏鞴(たたら)吹き製法

*2 ようずく = 明治以後ヨーロッパから技術導入した製法